YSP福重/福岡市早良区小田部4-5-1 営業時間/10:00~19:00 定休日/水曜日 TEL.092-851-1313
店舗ホームページへ

2017年01月16日

シリーズ ヨーロッパヤマハより2017モデルを学ぶ MT-07編

シリーズ ヨーロッパヤマハより2017モデルを学ぶ。第二回を迎えました。

本日もご案内はわたくし、フィフィ隊長です。

さて、今回はMT-07を特集しましょう。

dsj7.jpg

MTシリーズは ”The Dark Side of Japan” というメインテーマで括られ、モデル別にサブテーマが用意してあります。
この07は ”Rise up your darkness” 表現が難しいですね。日の出の様に暗黒が立ち上がるという事の様ですね。
さながら”暗黒面、起動”といった所でしょうか。トーカッターやババに会ったら聞いてみましょう。

2017-Yamaha-MT-07-EU-Night-Fluo-Detail-001.jpg

最適な乗り心地のために設計された深くて強力、リニアなトルク出力と,優れた燃費を実現する、定評ある液却689cc並列2気筒4ストロークエンジンは270度位相クランクのクロスプレーン哲学設計

2017-Yamaha-MT-07-EU-Night-Fluo-Detail-002.jpg

乾燥重量わずか164kgの軽量なコンポーネント、スリムでコンパクトなチューブバックフレーム、敏捷で扱いやすいハンドリング。フロントブレーキはデュアル282mmディスクに4ポットキャリパーを装備。

2017-Yamaha-MT-07-EU-Night-Fluo-Detail-005.jpg

ボディーワークは彫刻した様な量産型のデザイン。

2017-Yamaha-MT-07-EU-Night-Fluo-Detail-007.jpg

軽量10スポークキャストアルミホイール。

2017-Yamaha-MT-07-EU-Night-Fluo-Detail-008.jpg

フルLEDディスプレイのデジタル計器。
とここまで、ハード面は従来モデルから変更はありませんね。

もともと評価の高いマシンですので、大きく変更を求めるお話もそうないと思われます。
今回はカラーリングのみのマイナーチェンジになっています。

2017-Yamaha-MT-07-EU-Night-Fluo-Studio-002.jpg
Night Fluo (ナイトフルーオ)。 夜のフルーオ。フルーオって何なんでしょう。サンシティでは聞かないワードです。

2017-Yamaha-MT-07-EU-Yamaha-Blue-Studio-002.jpg
Yamaha Blue (ヤマハブルー)。説明は不用ですね。M.F.Pのフォードファルコンが黄色いのと同じ理屈です。

2017-Yamaha-MT-07-EU-Tech-Black-Studio-002.jpg
Tech Black (テックブラック)。 テックとはハイテクという意味の様ですね。 Moto GP にもチームTECH3がありますし、TECH21も有りましたもんね。資生堂。

2017-Yamaha-MT-07-EU-Powder-White-Studio-002.jpg
Powder White (パウダーホワイト)。 小麦粉か粉雪みたいなイメージでしょうか。
唄いたくなりました?? ”粉ぁ~雪ぃ~ねぇ♪”

2016-Yamaha-MT-07-Moto-Cage-EU-Night-Fluo-Studio-002.jpg
そしてこちらはヨーロッパのみの展開、MT-07 Moto Cage ABSです。
日本への導入は今まで有りませんでしたので、2017モデルでも恐らく望めないと思われます。

気になる価格ですが、英国では£ 6,099との事でして、現在のレートで円換算しますとおよそ¥838,000(税抜)となります。

こちらも2016モデルより価格は上がったという事になりそうですが、さて国内仕様の発売時期と価格も早く知りたいものですね。

2017モデルMT-07が発表の際は、先行予約セールを企画したいと思います。
ぜひYSP福重の情報をチェックしてくださいね。

メカニック便り 9

皆さん、こんにちは!!  メカニックの川尻です。

今回はYZF-R25の定期点検です。
IMG_1829.jpg

カスタム多数のカッコイイ車体です。
IMG_1830.jpg

点検作業の内容はまず、前後のブレーキキャリパーの清掃から!
IMG_1831.jpg

IMG_1832.jpg
ブレーキキャリパーやパッドに付着しているブレーキダストを落としていきます。


かなり綺麗になりました!
IMG_1834.jpg

IMG_1833.jpg


そして、ドライブチェーンの清掃と給油です!
IMG_1835.jpg
しっかり、汚れを落としチェーン専用のオイルを注していきます。


今回の点検では特に不具合等はみられませんでした。
点検の他に、レバーや、ペダル等の可動部分のグリス注入を行いました。

半年毎の点検ですが、不具合箇所の早期発見ができるので、定期的に点検を受けてい頂く事をお勧めします!!

2017年01月15日

メカニック便り 8

メカニックの柴田です。
今度もまたシートヒーターの取り付けです。
今回はトリシティ125...
DSC_0346.jpg

外装脱着は思いのほか大変ですが、慣れさえすれば
後は時間短縮有るのみです。
 DSC_0347.jpg

配線は必ず頭を悩ませるところですが、これも
慣れです。
 DSC_0348%20%281%29.jpg

完成した車両には既にグリップヒーターも装着してあります。
スクリーンも超大型のものが付いてますので防寒対策は
完璧ですね。
こんな感じでヤマハのどの車種にも取り付け可能という事を
自身も勉強しました。
付けようかなと、迷われている方。是非ご相談ください。

シリーズ ヨーロッパヤマハより2017モデルを学ぶ MT-09編

始まりました シリーズ ヨーロッパヤマハより2017モデルを学ぶ。

ご案内はわたくし、フィフィ隊長です。

さて、2017モデルの各マシンがヨーロッパヤマハのサイトで多数アップされています。
その情報を、独断と偏見を交えてご紹介してまいります。

記念すべき第一回は MT-09編 、早速始めます。

dsj9.jpg

ヨーロッパヤマハではMTシリーズを ”ハイパーネイキット” というカテゴリで括り、MT-10、MT-09、MT-07、MT-03、MT-125で構成しています。

MT-25がラインナップに無い反面、MT-125という日本に無いモデルが有り、お国事情が垣間見れますね。

今回、MT-09 を第一回目に選んだのは、2014年にMTシリーズの第一弾として初めて発売されたのがこのMT-09だったからです。

MTシリーズは ”The Dark Side of Japan” というメインテーマで括られ、モデル別にサブテーマが用意してあります。
この09は ”Eyes of Darkness” さながら”暗黒の眼”といった所でしょうか。

2017-Yamaha-MT-09-EU-Night-Fluo-Detail-001.jpg

その象徴、アグレッシブLEDツインアイヘッドライトを新たに採用しています。
間違いなくアグレッシブ、積極的ですね。
完全にこのマシンのアイデンティティーと言える装備ではないでしょうか。

2017-Yamaha-MT-09-EU-Night-Fluo-Detail-002.jpg

続いては 強化されたスポーツライディングのための調節可能なサスペンション を新たに採用しています。

写真では左側フォークは圧側減衰調整が可能であることが見て取れます。
右側フォークはリバウンド減衰調整が可能との事。もちろんスプリングプリロードアジャストも可能です。

フォークの特性は賛否ございましたので、今回の調整機能追加は正常進化と評価できますね。

2017-Yamaha-MT-09-EU-Night-Fluo-Detail-003.jpg

クイックシフトシステム(QSS)を採用により高速アップシフトを可能に。
YZF-R1でも採用されているQSSを採用。タイムをしのぐ為というよりはクラッチ操作を低減するメリットでしょう。
シフトアップ時はクラッチ操作が不要になります。

2017-Yamaha-MT-09-EU-Night-Fluo-Detail-006.jpg

スイングアームマウントのナンバーホルダーを採用。
これはヤマハ車では初採用ではないでしょうか。 印象的なフォルムになるんですね。

2017-Yamaha-MT-09-EU-Night-Fluo-Detail-008.jpg

滑らかなコーナーエントリーのためのアシスト&スリッパクラッチを採用。
本当にクラッチレバーが軽く操作できるのは既にXSRで採用し実証済みですね。

トルクリッチなCP3,847cc、3気筒クロスプレーンエンジンは何故か前のデータより馬力が上がっています?
変更が有ったか無かったか詳細は不明です。

Dモード採用を継続で調整可能なエンジンキャラクター。これはもはや定番ですね。

そして新しいラジエータフィン、エアダクト、テールカウルを採用。
ウインカーはフレームスライダー役を買って出たのか、かなりスリリングな位置へ動きましたね。

こちらも定番装備、切換式トラクションコントロールシステム(TCS)を採用。
アグレッシブなエンジンにはTCSの装備はもはやマストでしょう。

2017-Yamaha-MT-09-EU-Night-Fluo-Detail-009.jpg

マフラーエンドのデザインが変更されているみたいですね。
細かな所にも変更が施されています。

2017-Yamaha-MT-09-EU-Night-Fluo-Studio-002.jpg
カラーは3色展開、こちらはNight Fluo (ナイトフルーオ)。 何を意味する言葉なのか私には不明です。

2017-Yamaha-MT-09-EU-Tech-Black-Studio-002.jpg
Tech Black (テックブラック)。 言葉の意味は分かりません。

2017-Yamaha-MT-09-EU-Yamaha-Blue-Studio-002.jpg
Yamaha Blue (ヤマハブルー)。

気になる価格ですが、英国では£ 7,799との事でして、現在のレートで円換算しますとおよそ¥1,070,000(税抜)となります。

価格は上がったという事になりそうですが、さて国内仕様の発売時期と価格も早く知りたいものですね。

2017モデルMT-09が発表の際は、先行予約セールを企画したいと思います。
ぜひYSP福重の情報をチェックしてくださいね。

2017年01月14日

CYGNUS-X SR SPECIAL EDITIONは700台限定

special_index_feature_2017_001-02%20%281%29.jpg

スポーティなヤマハレーシングブルーとシルバーの専用ツートーンカラー

special_index_feature_2017_001-02%20%282%29.jpg

ヤマハレーシングスピリットの象徴「スピードブロック」

special_index_feature_2017_001-02%20%283%29.jpg

SPECIAL EDITION 専用エンブレム

special_index_feature_2017_001-02%20%284%29.jpg

スポーティさをアピールする、専用カラーのフロント&リアゴールドキャリパー

ここまでで、もうお分かりですね?MAJESTY-Sではないですよ?

CYGNUS-X SR SPECIAL EDITION 登場です!

special_index_feature_2017_001-02%20%285%29.jpg

商品紹介にスピードブロックを織り込んだツートンカラーでスポーツマインドを刺激するとあります。
”覚醒”させずに”刺激”でとどめるあたりはさすが特別仕様車、そこから先はあなた次第的なギリギリの線を狙ったものと思われます。しかしカッコイイですよね。

俊敏、かつ上質な走りを体現し、全身にみなぎるスポーツ・スピリッツを際立たせるカラー。それが、ヤマハ“レーシングブルー”。ブレーキキャリパーに効かせたゴールドも、熱き想いを刺激する。操る歓びと、こだわりの深さを、手に入れるなら、今。
ともありますが・・・

言葉の意味を噛み砕いて要点をお知らせいたしますと、全国限定700台なので手に入れるなら、今。という事です!

恐らくYSP福重へも入荷はしますが、一台しか来ないのではないかと思います。

どうしようか悩む前に・・・そもそものCYGNUS-X SRを知っておきたいですよね。 カタログはいかがですか?⇛ご自宅までお届けできますヨ!

もっとお急ぎの方はヤマハのHPへ⇒こちらです!

さて、YSP福重では先着1名様のみの優先ご予約受付中です!
2台目以降もご予約は承りますが、車体が確保できるかはその時々で確認させて頂きます。
とにかく最初の1名様へは確実にお引渡しさせて頂きます!

YSP福重の低金利分宅払いSpecial Variable ももちろんご利用頂けます。

ご希望でロードサービスや盗難保険、3年間のメンテナンスパックなどの多彩なプランに加え、大好評!YSP福重オリジナルシートヒーターも取り付け可能です!

あ、シートヒーターですが今年すでに6枚ほどご注文頂いてます。店頭にデモ車ございますのでお気軽にお試しください!効きますよー!

という事でMAJESTY S SPECIAL EDITION、お気軽に、お早目にお問い合わせ下さいませー!


メカニック便り 7

メカニックの井上です。

丸っこくなったねって正月明けから言われるので、10キロ減量が今年の最大目標ですm(__)mたぶん‥

さて、今回はお客様からのご注文でカスタムパーツの取り付けです。

IMG_2089.jpg

スフィアライト SPHERE LED RIZING H4 Hi/Lo 5500K ¥17,064(税込) です。

スフィアバイク用LEDコンバーションキットの改良版というか、新型です。

日本製バイク用LEDで、保証もお買い上げ日から2年間とロング!

バッテリーにも優しく、長寿命ときたもんだ!

さてっさっそく中を開けてみましょう♪

IMG_2090.jpg

部品はたったのこれだけです!!

IMG_2091.jpg

なんといっても、LEDは取り付けが非常に簡単です。

明るさをさっそく見てみましょう♪

IMG_2093.jpg

さすが、ハロゲンバルブの約3倍の明るさはあります。 まっまぶしい

価格もリーズナブルで、取付けにもお時間はかかりません。

気になるな~って方は、お気軽にスタッフまでご相談下さい。

2017年01月13日

メカニック便り 6

皆さん、こんにちは!!  メカニックの川尻です。

今回はXV1900CU車検整備の続きです。
IMG_1843.jpg
燃料タンクが載るだけで重量感が増した気になります。。。。


整備の続きですが、残りはオイル関係の交換になります。
まずは、前後ブレーキのフルード交換です。
IMG_1847.jpg
前ブレーキです。
交換前と後の比較画像です。
かなり汚れているのが解ります、、、、

IMG_1849.jpg
こちらは後ろ側です、やはり汚れていました、、、、

IMG_1848.jpg
さっきと同じ画像だと思われた方、こちらはクラッチ側のフルードです。
XV1900CUのクラッチはワイヤーではなく油圧のクラッチシステムです。
油圧のクラッチは特に大型車に多く使われています、VMAX,XJR1300,FJR1300等です。


そして、最後はエンジンオイル交換です。
XV1900CUのオイル容量は4.1ℓ入ります。。。。
排気量もオイル容量も車並みです。。。。
IMG_1845.jpg

IMG_1846.jpg
古いオイルを排出するドレンがなんと3カ所あります。。。。他のバイクは1カ所です。。。。多いです。。。。

3カ所あるドレンボルトを締め、新しいオイルを注入して作業終了です。
後日車検ラインを通して完了です。


MAJESTY S SPECIAL EDITIONは500台限定!

special_index_feature_2017_001.jpg

スポーティなヤマハレーシングブルーとシルバーの専用ツートーンカラー

special_index_feature_2017_002.jpg

ヤマハレーシングスピリットの象徴「スピードブロック」

special_index_feature_2017_003.jpg

SPECIAL EDITION 専用エンブレム

special_index_feature_2017_004.jpg

スポーティさをアピールする、専用カラーのフロント&リアゴールドキャリパー

ここまでで、もうお分かりですね?

MAJESTY S SPECIAL EDITION 登場です!

special_index_gallery_001_2017_001s.jpg


商品紹介にスピードブロックを織り込んだツートンカラーで上質かつ俊敏な走りを表現とあります。
”実現”でなく”表現”しているあたりはさすが特別仕様車、表現の自由が幅を利かせているものと思われます。しかしカッコイイですよね。

俊敏、かつ上質な走りを体現し、全身にみなぎるスポーツ・スピリッツを際立たせるカラー。それが、ヤマハ“レーシングブルー”。ブレーキキャリパーに効かせたゴールドも、熱き想いを刺激する。操る歓びと、こだわりの深さを、手に入れるなら、今。ともありますが・・・

言葉の意味を噛み砕いて要点をお知らせいたしますと、全国限定500台なので手に入れるなら、今。という事です!

恐らくYSP福重へも入荷はしますが、一台しか来ないのではないかと思います。

どうしようか悩む前に・・・そもそものMAJESTY-Sを知っておきたいですよね。 カタログはいかがですか?⇛ご自宅までお届けできますヨ!

もっとお急ぎの方はヤマハのHPへ⇒こちらです!

さて、YSP福重では先着1名様のみの優先ご予約受付中です!
2台目以降もご予約は承りますが、車体が確保できるかはその時々で確認させて頂きます。
とにかく最初の1名様へは確実にお引渡しさせて頂きます!

YSP福重の低金利分宅払い Special Variableももちろんご利用頂けます。

新車3年補償に初年度無料ロードサービス付帯、オプションで5年間の延長保証や2年間のメンテナンスパックなどの多彩なプランに加え、大好評!YSP福重オリジナルシートヒーターも取り付け可能です!

あ、シートヒーターですが今年すでに6枚ほどご注文頂いてます。店頭にデモ車ございますのでお気軽にお試しください!効きますよー!

という事でMAJESTY S SPECIAL EDITION、お気軽に、お早目にお問い合わせ下さいませー!

2017年01月12日

メカニック便り 5

二回目です、柴田です。
今回はFJR1300ASのシートヒーター取り付けとなります。
まずはシートの表皮をはがしてヒーター本体を固定します。
着座する位置にヒーターが来てないとダメなので動かないようにしっかり固定します。
DSC_0330.jpg

ライダー側のシートだけでなく、タンデムシートにもヒーターを取り付けます。
このタンデムシートは常にタンデムで乗車するわけでは無いので、タンデムシートには
ON/OFFの切り替えが出来るようにハンドル手元に用意してあるヒーターのスイッチの上に
増設して切り替えスイッチを設置します。
DSC_0332.jpg

スイッチなどの配置が完了したら、今度は配線の取り回しです。
ハンドル操作に影響が出ないように余裕を持たせて
その箇所ごとに固定します。
実際に作動するかを確認して外装を取り付けていきますが、本日の作業はここまでです。 
次の更新は日曜です。
DSC_0333.jpg

2017年01月10日

驚愕、お待たせしますのでご予約下さいm(__)m

tricity155_index_feature_2016_001.jpg

高速道路でも、軽快な走り。

tricity155_index_feature_2016_002.jpg

パワフルさとエコを兼ね備えた、VVA搭載 “BLUE CORE”エンジン。

tricity155_index_feature_2016_0003.jpg

[ 二人でもラクラク ]メイン&タンデムシート

tricity155_index_feature_2016_004.jpg


フロント二輪ならではの、高い制動安定性。

こんなキーワードだともうお分かりですね。 

main1125.jpg

さあ、
TRICITY 155に乗って、
でかけよう。
 発売日は1月20日の予定ですが・・・

おでかけは来年までお預け・・・どころではないんです、実はですね・・・おっと、その真相はこの後で・・・

TRICITY 155がもたらすのは、アクティブなバイクライフ。
LMWテクノロジーならではの安定感ある乗り心地で、街乗りはもちろん、高速道路を使ったツーリングも快適に。
楽しさ広がる、新しい走りを、あなたのもとへ。

さらに楽しく快適なトリシティー155に仕上げるには、ワイズギアのオプションパーツも見逃せませんね。
早速紹介されていますよ⇒コチラです。

その前に・・・そもそものTRICITY155を知っておきたいですよね。 カタログはいかがですか?⇒ご自宅へお届けできますヨ。

もっとお急ぎの方はヤマハのHPへ⇒こちらです。

いやいや、こんな当たり前の事をお知らせしたい訳ではないんです。

YSP福重にてトリシティー155の試乗・レンタルバイクの導入が決定した事をお知らせしたかったんです!!
タイトルそのまんまですけど・・・

さらに特典付き先行予約を受け付け中です!

いつ来るの? どうやったら乗れるの?? 
そんなご質問、ございますよね??

お待ちくださいね、お待ちくださいね!
詳細が分かりましたらお知らせ致しますので!!ってお知らせしてましたが実はですね・・・今オーダー頂いても、納期は5~6月になるらしいのです!これにはびっくりを通り越してしまいますよね・・・すみませんm(__)m

あっ、ただし納期なんて全然気にしないというお客様は、特典付き先行予約を受け付け中ですので、どしどしお待ちしております!

実は試乗車はマットブルーなのですが、カタログやディスプレイではとても伝わらないクールなブルー、格好良いんです! ああ、トリコになる事、請合います。

自動車通勤をしたり検討してある方は、一度ご検討頂くと宜しいのではないでしょうか??

ひとまずTRICITY155試乗車、ご準備完了、試乗して頂けます!

Calendar

2017年01月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

YSP友泉グループ~YSP小倉・YSP大濠・YSP友泉・YSP福重はお客様のバイクライフを生涯サポートさせていただきます
YSP友泉のウェブサイトへ

YSP大濠のウェブサイトへ
YSP小倉のウェブサイトへ

バイク・オートバイを借りるならレンタルバイク九州でYSP福重はレンタルバイク九州加盟店です~レンタルバイク九州のサイトへ

ヤマハ発動機のサイトへ
ヤマハ海外向けモデル/プレストコーポレーションのサイトへ
YSPメンバーズクラブのサイトへ
社団法人 自動車公正取引協議会(ATFC)のサイトへ
(社)自動車公正取引
協議会(ATFC)
二輪車リサイクル~YSP福重は廃棄二輪車取扱店です
廃棄二輪車取扱店
(社)全国二輪車安全普及協会グッドライダー防犯登録
(社)全国二輪車安全普及協会
グッドライダー防犯登録
NMCA日本二輪車協会~オンライン署名募集中!バイクに駐車スペースを
NMCA日本二輪車協会
オンライン署名募集中!